交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


証拠収集について

刑事記録


多くの交通事故では、加害者側に過失がある場合、刑事事件も並行して進んでいます。

民事としての損害賠償請求手続と刑事手続、それぞれの段階で、どのような証拠を得ることができるか変わってきます。

刑事手続において、不起訴となっている場合、従前は、実況見分調書のような証拠しか見ることができませんでした。
しかし、

  1. 民事裁判所から特定の者の供述調書についての送付嘱託があること
  2. その供述内容が、民事訴訟の結論を左右する重要な争点に関するもので、かつ、その争点に関するほぼ唯一の証拠であることなど欠かせない
  3. 供述者が死亡、所在不明、心身の故障もしくは深刻な記憶喪失等により民事訴訟で供述できないことなど

証拠


刑事手続への支障や関係者のプライバシー侵害のおそれがないことのような要件を満たす場合には、供述調書が開示される場合もあります。

刑事事件の証拠が必要な場合には、これらの要件を満たすかどうか検討していくことが必要です。




交通事故相談TOPへ