交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


損害から減額されるもの

過失相殺と好意同乗


好意同乗は、被害者が、加害車両に、自らの意思で乗っていたことで、交通事故に遭った場合、その損害賠償請求を減額するかの問題です。

無償で乗せてもらうという好意を受けていることから、運転者に対する損害賠償請求を全額認めるのはおかしいのではないかとの考えです。

従前は、このような好意同乗の場合に、過失相殺と同じように減額を肯定する裁判例も多くありました。

 

しかし、これを過失と同じように扱うのは被害者側にとって酷です。

そこで、最近では、単なる好意同乗だけでは、減額をしないという裁判例が主流です。

もっとも、事故の下人が、危険な状態(たとえば飲酒)などで、被害者が、それを認識していたり、助長していたようなケースでは、被害者にも責任があるとされ、損害賠償請求が減額されることがほとんどです。

この場合も、単に危険な状態を認識していただけか、助長や誘発までしていたか、で減額割合は変わるとされています。

文献等では、単に危険な状態を認識していただけのようなケースでは、5~20%、助長や誘発までしていたケースでは10~50%の減額がされると分析されています。

 

 




交通事故相談TOPへ