交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


通勤中の事故と使用者責任 肯定

神戸地方裁判所平成16年7月7日判決

交通事故の加害者が、通勤中や帰宅中の運転であった場合、加害者本人だけでなく、その加害者を雇用していた会社等に対しても、損害賠償請求ができないか問題になります。

民法715条の使用者責任を問えるかどうかという問題で、「事業の執行について」事故を起こしたかどうか、の判断になります。

神戸地裁平成16年7月7日判決は、市立中学の教員によるマイカー通勤中の事故について、



「中学は通勤に公共交通機関を利用することが困難な地理的状況にあることが推認され、自動車通勤を認めなければ教職員を確保することができず、学校運営に支障を来すおそれがあったということができる。そうすると、泉中学の運営に教職員の自動車通勤は必要不可欠のものであって、通勤のための自動車運転は泉中学の業務と密接な関係がある行為であると判断することができるから、被告市の事業の執行について被告乙山が本件事故を発生させたということになり」



中学校

として、使用者に対する請求を認めました。

神奈川県央地域ですと、自動車通勤できないと不便な中学校もありますね。


通勤事故の使用者責任を追及する際には、事業所の場所もポイントになる事例があるのです。




交通事故相談TOPへ