裁判例-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉裁判例

裁判例

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

裁判例:過失相殺とバス転倒

 

大阪地裁平成27年3月3日判決

77歳の女性が、バスに乗車しようとした際、バスの発進によって転倒し、ケガを負ってしまったというケースです。

裁判所では、運転者のクラッチ操作ミスを認定し、これを大きな過失であるとしました。

また、被害者は、整理券を取ろうとしたタイミングだったとして、片手を必要とする動作中だったので、手すりをつかんでいなかったことを責めるべきではないとして、過失相殺を否定しています。

一般論として、バスは一定の確率で急発進等が生じるものなので、乗り降りの際には、手すりをつかむなどして安全を確保する必要があるとしつつ、上記運転手の過失を認定し、バス乗車において一般的の生じる危険性に由来する事故というわけではないとし、過失相殺を否定したものです。

バスなどの乗り降りの際の転倒事故としては、チェックしておきたい判決です。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ