裁判例-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉裁判例

裁判例

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

裁判例:逸失利益

 

京都地方裁判所平成27年3月19日判決

後遺障害を負ってしまったものの、事故後の収入は減っていない、そんなケースでも逸失利益を認めた裁判例です。

被害者は、症状固定時52歳の男性。麻酔科医師でした。

後遺障害は、脊柱変形で後遺障害等級11級7号の認定がされています。

事故後、休業期間を除けば、明らかな減収がなかった事案です。

事故後、後遺障害を負っていたとしても、相当の努力をすることで、収入を一時的に維持できるケースはあります。

しかし、将来にわたって、それが維持できるかは分かりません。

このような場合、後遺障害の影響を具体的に主張することで、減収がなくても逸失利益が認められる例は多いです。

今回の判決でも

 


「明らかな減収はないものの、原告の後遺障害は、脊柱の変形による腰痛等の神経症状であることから、麻酔医師としての労働能力に与える影響は否めず、現時点においては、原告の努力等によって、減収は生じていないとしても、将来的に不利益を被るおそれは否定できない」

 


として、症状固定から23年間にわたり労働能力を9パーセント喪失したとして、逸失利益を認定しています。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ