交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


過失相殺

名古屋地裁平成27年3月27日判決

原付バイクの3人乗りの過失相殺が問題になったケースです。2人乗りではなく、3人乗りです。

 

事案

自動車A:信号無視

原付バイク:運転B、同乗C,D

信号機による交通整理が行われている交差点での出会い頭の衝突。

 

判決内容

過失割合をB:20パーセント、A:80パーセント。

C,DもAと同じく20パーセント。

判決の文言は、原付3人乗りに対して厳しい言葉が並んでいます。



「本件事故は、主にAの信号無視によるものといえる。

しかしながら、被告Bにも、結果として青色灯火えあったとはいえ、本件交差点に進入する際の前方左右の安全不確認、無免許運転、原動機付自転車の三人乗り、ヘルメット不装着等の重大な過失がある。」

「この様な交通法規を無視する態度が本件事故の発生及び損害拡大の要因となっていることは否定できず」

「被告C及びDは、Aの信号無視等とBの前方左右の安全不確認等の過失が競合して被害に遭ったといえる反面、被告Bが無免許であることを知りながら、しかも、被告Bが交通法規を無視した運転をしていることを認識しつつ、被告車に三人乗りをして積極的にこれを助長し、ヘルメットを装着しないなど、自らも交通法規を無視して本件事故を発生、損害を拡大させたといえ、被告B同様に20%の過失を認めるのが相当である。」

 

 




交通事故相談TOPへ