装具、義手・義足-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉後遺症事件 〉装具、義手・義足

装具、義手・義足

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

損 害

 

装具、義手・義足

交通事故により装具類、器具類が必要になった場合、購入費用が損害として認められます。

装具とは、義手、義足、義歯、義眼のようなものから、車椅子、盲導犬費用、ポータブルトイレ、電動ベッド、介護用ベッド、頸椎装具、コルセット、サポーター、義足カバー、吸引器、歩行訓練機、吸引機、脊髄刺激装置などが含まれます。

これらの装具は、永遠に使えるものではなく、耐用年数があります。

 

義歯、義眼、義手、義足など、将来的に交換の必要があるものは、過去に発生した費用だけではなく、将来の費用も原則として認められます。

 

将来の費用を請求する場合には、何年ごとに交換が必要かを算出し、その都度、年5%の中間利息をライプニッツ係数で計算していくことになります。

 

実際の資質は将来なのに、現在、現金を取得することから、一定の金額が控除されることになります。

 

上記のような装具関係に関して、それ以外に、裁判例では、人工かつら代、特注の靴、盲導犬の費用、意思疎通の手段としてのパソコンなどを認めたケースもあります。

事故によって必要になったものがあれば、主張立証をしておくべきでしょう。

 

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ