交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


損害から減額されるもの

損益相殺-自賠責保険と遅延損害金


自賠責保険からの受領額について、損害の元本ではなく、遅延損害金に充当することが認められています(最高裁平成16年12月20日)。

もともとは、自賠責保険の受領額を、損害の元本から控除する運用がされており、今もそのような請求をしている弁護士もいますし、裁判所で和解する場合も、そのような計算方法が示されることも多いです。

しかし、被害者にとって、どちらを採用するかで、大きく損害額が変わる場合があります。

例えば、平成18年1月1日の事故で、損害額7000万円、自賠責から平成20年1月1日に3000万円を受領し、平成21年1月1日に残金をもらうとします。

従来の元本から控除する計算方法だと、平成18年1月1日から4000万円の元本に5%の損害金をつけますので、平成21年1月1日の受領日には4600万円となります。

これに対し、自賠責保険からの受領額をまず遅延損害金に充当する計算方法だと、平成21年1月1日の受領日には、約4935万円となります。

損害額が大きくなればなるほど、見逃せない大きな違いになりますので、ご注意ください。




交通事故相談TOPへ