過失相殺との順序-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉請求できる損害 〉損益相殺 〉過失相殺との順序

過失相殺との順序

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

損害から減額されるもの

 

損益相殺 - 過失相殺との順序

損益相殺と過失相殺の両方がある場合、どのような順序で控除するかによって、受け取れる損害額が変わってきます。損益相殺を先に控除し、後に過失相殺をした方が被害者には有利です。

現在の裁判例上は、国民年金、健康保険、厚生年金の場合は、損害額から保険給付額を引いた残額に対して過失相殺をします。(損益相殺が先

 過失が大きい場合には、健康保険や国民健康保険を使って治療を受けた方が、過失相殺される対象額が少なくなりますので、全体的にもらえる残額は多くなります。

これに対し、労災の場合に、最高裁判例では、過失相殺をした後の金額から労災受領額を控除しています(最判平成元年4月11日、過失相殺が先)。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ