裁判例-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉裁判例

裁判例

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

裁判例:素因減額、労働能力喪失率の認定の際に既往症の影響を否定

 

大阪地方裁判所平成22年3月8日判決

交通事故の損害賠償請求訴訟のなかで、被害者が過去に後遺障害を負っていると、今回の損害にも以前の後遺障害が影響している、と主張されてしまうことがあります。

しかし、生活や労働の実態として、過去に後遺障害の認定を受けたものの、リハビリの努力などが効いて、通常の生活や労働もできていたというケースも多いです。

そのような生活ができていたのに、今回の事故で後遺障害を負ってしまった場合、被害者側としては、「過去の障害は関係がない、今回の事故が原因だ」と主張したいものです。

このような判断をしてもらうためには、労働の実態をしっかり主張立証していく必要があります。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ