交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

交通事故のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
 

弁護士石井

理念
所属弁護士
解決までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
請求できる損害
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
解決事例
後遺症事件
死亡事件
お客様の声
裁判例
FAQ

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
相談予約:0120-141-961
電話受付:平日9:00~18:00
土日、夜間応相談
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。


使用者責任

大阪地裁平成27年9月29日判決

フレックス社員が通勤途中に朝食をとった際事故で、使用者責任を否定した内容です。

 

事案

加害者はタクシー会社のフレックス乗務員。

マイカー通勤時の早朝に、朝食のため牛丼屋に寄った後に事故。

被害者は、会社に対して使用者責任を追及。

 

判決内容

使用者責任を否定。

被告会社は、マイカー通勤を認め、駐車場もあった。

しかし、タクシー用の駐車場を提供していただけで、新たに駐車場を用意したわけではない。

出勤時刻は午前7時だったところ、事故は午前4時30分頃。

被告会社が、午前5時等の早朝に出勤するよう指示していた事実は認められない。

フレックス社員であり、被告会社は、加害者が実際に出勤してくるまで、出勤予定か把握していない。

事故当日、加害者は出勤していない。

加害者の運行は、朝食の摂取という個人的な行動に向けられたものであり、通勤途上と評価するのは困難。



「被告会社が、被告乙川を含む昼出乗務員について、マイカー通勤に積極的に便宜を図っていた又はマイカー通勤せざるを得ないような勤務形態を強いていたとまでいうこともできない。

そうすると、本件事故当時、被告車両の運行が被告会社の事業の執行中であるとの外形もなければ、同運行を被告会社が管理監督して利益を得るという状況にあったとも直ちには評価できない。

 よって、本件事故が被告会社の事業の執行につき惹起されたものと認めることはできない」

 

 




交通事故相談TOPへ